美容の秘訣は内臓にアリ!「腸活」で美肌を手に入れよう!

人の外見の印象は肌年齢の影響を強く受けます。たとえ実年齢が40歳、50歳を超えていても、肌の綺麗な女性は若々しく見られるものです。きめ細やかな美肌を何歳になっても維持し続けたいと思うのは、女性なら当然の願望といえるでしょう。

スキンケアには化粧水や乳液が不可欠だと思われがちですが、高額な美容品を購入しなくてもアンチエイジングは可能です。その方法とはズバリ、「腸内環境の改善」です。

chounaikaizen

普段意識することはあまりないでしょうが、私たちの体調は内臓の働きと密接な関係にあります。特に、食べ物の消化・吸収をつかさどる胃腸系は美容の中核となるポイント。胃腸系の活動が乱れると、たちまち様々な肌トラブルが発生することが知られています。

例えば、腸の働きが鈍って便秘になった場合、本来排出されるはずの便が体内に長期間溜まってしまいます。すると、宿便から発生する有毒ガスが腸の毛細血管から吸収され、全身の細胞へ送られてしまいます。血行不良で濁った肌は青黒く変色し、毛穴からは鼻をつまみたくなるような悪臭が湧き上がります。口の周りにニキビなどの吹き出物が現れるようにもなり、ひどく老けた体質になってしまうのです。

健康と美容は表裏一体。目に見える美しさを手に入れるためには、目に見えない部分のケアが欠かせません。肌に直接手を加えるのではなく、生活習慣の見直しによって内臓をいたわり、間接的にアンチエイジングを実現しましょう。

腸内環境の改善、いわゆる「腸活」のポイントは大きく分けて三つあります。

一つ目は、食生活の見直しです。肌荒れに悩んでいる人の大半は、多忙な生活にかまけてインスタント食品など栄養バランスの悪い食生活を続けています。私たちの腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」という2種類の腸内細菌が存在しますが、肉食過多の食生活は悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる原因となります。善玉菌を多く含むヨーグルトやチーズなどの発酵食品、食物繊維を多く含む緑黄色野菜などをできるだけたくさん献立に盛り込みましょう。

二つ目は、運動習慣の継続です。腸は蠕動運動という活動によって食べ物の栄養を吸収しているため、運動不足の生活が続くと腸全体の働きが鈍って便秘になりやすくなってしまいます。ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動、あるいはお腹周りを両手でもみほぐす腹筋マッサージなどの刺激を与えて適度に体を鍛えましょう。

三つ目は、ストレスの発散です。人間にとって、体と心はコインの裏表のようなもの。ストレスを抱え込むと、自律神経の働きが乱れてホルモンバランスが崩れ、胃腸系の働きが鈍くなってしまいます。現代人が全くストレスのない生活を送ることは現実的に考えて不可能ですが、気晴らしの趣味を作って適度にリフレッシュできる時間を確保しましょう。

このように、ちょっとした工夫を講じれば高額の費用を投じなくてもアンチエイジングを実現することは十分に可能です。三つのポイントをバランスよく継続し、腸活で若々しい美肌を保持しましょう。

また 必見!若返るための化粧法 『http://www.flower-lierre.com/』も参考にして化粧においても
アンチエイジング対策をした方が相乗効果があってとてもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>